水素水の健康法

水素水の健康法が賛否両論になるわけ

水素水を飲んだら、病気が治ったとか、皮膚病が治ったとかよく話を聞きます
しかし、この水素水は、お店で売ってるようなペットボトルに入ったものでは
ありません。水素水生成器で作られたお水のことです。
病気が治った方が、どんなに治ったといっても、大学教授が身体に良いと言っ
ても、そんな水だけで治るわけがない、水だけで健康になるはずはないという
人は必ずいます。そういう人に限って、ちょっと化学をかじっていたり、仕事
が少ない化学者だったりします。

 

これは昔からもあったことで、有名な話としては地動説を唱えたガリレオが挙
げられます。結局、ガリレオは宗教裁判で有罪になりました。しかし、これに
対して教会が非を認めて、謝罪があったのは実に400年も経ってからのこと
なんです。
「文明の進歩は異端から…」と言われますが、画期的な意見はすぐに異端とさ
れてしまうため、認めてもらうまでに大変な年数がかかってしまいます。

 

また、近年の情報化社会のために賛否両論になる場合があります。
今や誰でもが情報をパソコンで、携帯で情報を取得することができます。
しかし、これらがすべて正しい情報だったらいいのですが、そうではない場合
も多いのです。

 

水素水で例えてみるならば、一番先にも述べたように本当に効果がある水素水
は個人差もあるとは思いますが、ペットボトルに入った水素水ではありません。
しかし、水素水生成器を買おうかどうしようかと悩んでいる人の多くは、試し
にペットボトルの水素水を飲んでから、決めようと思う人がほとんどではない
でしょうか?
その場合、効果のほどはあまり期待できないものとなってしまいます。
そして、その結果をまた、新たな情報として提供するのです。
「水素水を試したけれども、効果はなかった」と。
それを見た人は、「水素水は効果がない」と認識してしまいます。
「ペットボトルに入った水素水は効果がなかったとわかっていたけれども、と
りあえず試してみました。やっぱり効果はなかった」と記載していれば、誤解
は生まなかったかと思うのですが、効果がなかった人にとっては、そういうこ
とは忘れてしまいがちです。

 

このようにして、誤解から始まって賛否両論になる場合もあるのです。